騙されないようにまず知ろうクレジットカード現金化

カードに無知な人間は怖い

カード情報なんて絶対教えてはいけない

クレジットカードの情報を聞き出してくる業者もいるようです。

例え、クレジットカードの原本がなくても番号さえ分かってしまえば本人じゃなくても簡単にインターネットで買い物が出来てしまいます。
そういった事が出来るので、セキュリティコードが出来たのでしょうが、それこそクレジットカードに不慣れな人なら聞かれたままそこに書かれている番号を答えてしまい、まんまとクレジットカードの番号とセキュリティコードを聞き出すことに成功するでしょう。

または必要な書類といってクレジットカードのコピーの提出を求められる時もあるようです。
これも絶対にしてはいけないことです。

クレジットカードをコピーして知らない人間に渡すなんて事、絶対してはいけません。

そうやって個人情報が漏れていってしまうのです。

出来れば利用しないのが一番

クレジットカードの現金化についてと詐欺の手口について少し書いてみましたけど、いかがだったでしょうか。

あくまでもクレジットカードの現金化はグレーなので、違法にはなりません。
しかし、債務は増えます。
クレジットカード現金化は確かに手元に現金が手に入るのですが、あくまでも一時的なものと意識しておくのが大事でしょう。

よくテレビなどで怖い取り立てが来るイメージがある怖い金融会社からお金を借りるのとは違い、怖いお兄さんが取り立てに来るなんて言うことはないので、手軽に現金が手に入るのですが、つまりは自分の支払うカードの利用額が増えてしまうということをしっかり頭に置いておいてください。

そのうえで、どうしてもというときは十分に知識を得てから利用するようにしてくださいね。


この記事をシェアする